霧吹き雲太郎の雑記ブログ

東アジア、東南アジア文化を紹介中

中国の軍事演習と台湾への警告 2024年5月23日について思うこと

中国が台湾島を取り囲むように軍事演習を行いました。それに関する私個人の感想を述べます。これは、台湾独立勢力への警告であり、東アジアと世界の平和にとってとても憂慮すべき事態です。

 

軍事演習について思うこと

 

軍事演習の意味は言うまでもなく頼清徳ら台湾独立勢力と日本の親台湾派への警告です。この演習は、台湾独立勢力が台湾の独立を試みた時に中国が台湾独立勢力に懲罰を下す能力を世界に示すものです。
参考URL
中国軍が台湾島周辺で陸海空ロケット軍の合同訓練開始

https://japanese.cri.cn/2024/05/23/ARTIJXjOV07tHVR7TheX8xT7240523.shtml

軍事演習の以前に起こったこと
台湾地区の指導者の頼清徳が演説をしました。その内容は、二国論(台湾が独立国だとする主張)を唱えるものでした。頼清徳は「両岸は互いに隷属しない」と言いました。この発言は台湾各界の批判を招いています。

 

台湾世新大学の游梓翔教授は「演説から善意は見られず、声を高めて『二国論』を唱えようとしている姿勢ばかりが目につく。頼清徳氏は台湾(地区)の『憲制的』規定に従うと言いながら、『両岸は互いに隷属しない』などと叫び、大陸のことを『中国』と称して台湾と並べ、その本質は対抗を続け、現状を悪化させようとしたものだ」と指摘しました。」(CRI日本語台湾地区の指導者の頼清徳が5月20日に演説 「両岸関係の平和の見通しを深刻に損なう」と台湾各界が批判より引用)
参考URL
台湾地区の指導者の頼清徳が5月20日に演説 「両岸関係の平和の見通しを深刻に損なう」と台湾各界が批判

https://japanese.cri.cn/2024/05/22/ARTIF4gTmOHFXM3Hs8wdtBx1240522.shtml?spm=C96518.P8SkTCSJ15hx.E2vG0eRMMlIT.34


台湾 頼総統の就任演説は“台湾独立の自白” 中国報道官が非難
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240522/k10014457371000.html

 

 

 

日本の国会議員の中で信用できる人は誰か?


2024年5月20日立憲民主党鳩山由紀夫元首相と、社民党福島瑞穂党首が「台湾問題と中日関係」座談会に出席しました。鳩山元首相は次のように述べています。「日本政府は台湾問題において、世界に一つの中国しかないことを理解し、尊重すべきであり、台湾は中国の不可分の一部であり、中華人民共和国政府は中国を代表する唯一の合法的な政府であるというこれまでの正しい立場を堅持すべきだ。日本政府がそれをきちんとやっていれば、台湾問題で中国を挑発することはなく、いわゆる「台湾有事」の事態は起きなかっただろう。私は日本の30人以上の国会議員が台湾に赴き、式典に出席することを深く憂慮している。日中双方が和を以て貴しとなす「友愛」の精神を堅持し、善隣友好関係を築くことを希望する。」(「台湾問題と中日関係」座談会 在日中国大使館より引用)
このことから、鳩山由紀夫元首相と福島瑞穂氏は、中国に配慮ができる政治家であることが分かります。世界におけるアメリカの影響力が低下する中で、日本と中国の関係の重要性はますます高まっています。
その日は、台湾地区の指導者の頼清徳が「就任式」を行った日でもあります。その日にわざわざ台湾に行って中国人の感情を傷付けた国会議員が30人もいるのです。これは、中国人の感情を著しく傷つけることです。なぜなら、台湾問題は、中国人にとって(両岸の統一は)絶対に譲れないことであり、日本が口出しをしていいわけが無いからです。
呉大使は台湾について次のように述べました。「台湾問題は中国の核心的利益の中の核心であり、越えてはならないレッドラインだ。中国は現在、世界でまだ統一されていない唯一の主要国であり、祖国の完全な統一を実現することは、海峡両岸の同胞、国内外の中華の子女の共通の願いであり、神聖な責務である。」これは、中国にとって中国大陸と台湾が統一されることは絶対に譲れないことであって、外部が犯してはいけない中国の神聖な責務であることを意味しています。
(「台湾問題と中日関係」座談会 在日中国大使館より引用)
中国に配慮し、日本の生存空間を確保することを試みる議員と、中国を激怒させて日本を窮地に追いやる議員のどちらが信用できるでしょうか?
参考URL「台湾問題と中日関係」座談会 在日中国大使館 2024年5月23日
http://jp.china-embassy.gov.cn/jpn/dsgxx/202405/t20240523_11310534.htm

 

悲劇を回避するためにこれからの日本がとるべき戦略


1 日本と中国の間で交わした4つの政治文書 (1日中共同声明(1972)、2 日中平和友好条約(1978)、3 平和と発展のための友好協力パートナーシップの構築に関する日中共同宣言(1998)、4 「戦略的互恵関係」の包括的推進に関する日中共同声明(2008))の精神を守ること


日中共同声明の中には「1つの中国」に関する内容もあります。下の通りです。
「二    日本国政府は、中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認する」(日中共同声明(1971)より引用 https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/nc_seimei.html)

 

2 中国大陸と台湾の完全な統一を強く支持すること


以前にも申したとおり中国にとって中国大陸と台湾の統一は絶対に譲れないことです。そのため、日本は、中国大陸と台湾の統一を言葉と行動の両方で強く支持する必要があります。

 

3 中国国内(台湾や南シナ海も含む)に自衛隊を派遣しないこと


中国国内に自衛隊を派遣すれば即戦争になります。そうなれば日本は、悲劇に見舞われることになるでしょう。

 

4 政府関係者と国会議員は靖国神社に参拝しないこと

 

私は日本が好きで神社も含めた日本の文化を愛しています。このようなことは書きたくありませんが、靖国神社は中国を侵略したA級戦犯が埋葬された土地です。そこに政府関係者が靖国神社を参拝することは中国の国民感情を逆なでるものです。